banner

Overview

本領域の目的は,P≠NP予想をはじめとする重要な未解決問題の解決へ向けて 計算複雑さの理論に革新的な進展をもたらし, 計算の根本原理の解明に新たな潮流を生み出すような 強力な計算限界解析理論の構築である. 我が国の計算の理論と離散数理の高い研究力を基礎に, 様々な視点を持つ研究者の連携により, これまでに究極に深められてきた各種解析技法を多面的に分析し, その仕組み,特徴,および技法間の関連を見出し, それらを統合する強力な解析理論を作る. 領域は,最先端下界,計算上界,境界領域, というの3つの立場からの計算限界解析法の研究を行う9つの計画研究を核として 総括班で全体の企画をおこない,10件程度の公募研究を含めて構成する.

overview

全て表示What’s New!

  • ELC Workshop on Quantum Complexity Theory を開催しました.
  • ELC Seminar (Dr. Boaz Barak)を開催しました.
  • LA/EATCS発表論文賞を受賞しました.

    欧州理論情報学協会(EATCS)日本支部、LA/EATCS発表論文賞 受賞者:河村 彰星(A02班) 受賞題目:「境界上の重みの釣合せ」

  • ELC Mini-Workshop (B01, C03)を開催しました.
  • Distinguished Paper Award を受賞しました.

    The 39th International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC201… »続きを読む

全て表示

ページの先頭へ